アカテナンゴ山から活火山を見る、一泊二日の旅

アカテナンゴ山から活火山を見る、一泊二日の旅

 

アカテナンゴ山は、グアテマラの古都で、
その街並みが世界遺産にも登録されているアンティグアからのアクセスが便利な山です。

 

一泊二日のツアー参加するのが一般的で、私もそうしました。
ツアーはアンティグアの宿や旅行会社など、どこでも予約できます。

 

値段に差がありますが、食事の量やクウォリティーにも違いがある場合があるので、
内容をしっかり聞いてから決める必要があります。

 

アカテナンゴ山からは、フエゴ火山という
現在も絶えず活動している活火山が近くで見れるので、
たくさんの観光客が訪れる人気の場所です。

 

 

登山口に到着すると、まず寝袋やテントなど、
自分たちで運ばなければいけない物を渡され、その場で荷造りしなおしました。
途中、入山料を払う場所にしか売店はなく、食料も水も調達できないので、
水は4リットル持って行くように言われました。
お陰でかなりの大荷物になってしまいました。

 

登山道は整備されており、割と歩きやすかったですが、
特に前半は急斜面がほとんどで、歩き始めて数分で、
すでに疲れを感じていました。
私のグループは10数人いましたが、ほとんどが欧米人で、
みんな歩くのが早く、ついていくのがやっとでした。
今までに、いくつかもっと高い山にも登ってきましたが、
道の険しさでいうと、アカテナンゴが一番です。

 

夜のキャンプですが、フエゴ火山がよく見える場所にテントを張る為か、
いくつものグループがほとんど同じ場所でキャンプしていました。
キャンプ場ではないので、トイレ等もありません。
食事は一応支給されましたが、二日分でサンドイッチとバナナ、カップ麺程度だったので、
スナックや食べ物を余分に持っておいて良かったです。

 

テントは自分のを持っている場合は別ですが、
借りる場合は一人用ではないので、同じグループの誰かとシェアすることになります。
この登山の醍醐味は、活火山が近くで見れることですが、
夜は特にすごかったです。

 

真っ暗な中、噴火している音がひっきりなく聞こえてきました。
また、大きめの噴火があった時は、
赤い溶岩が流れ出しているのを見ることができます。
真っ暗闇に赤い溶岩が流れ出ている様子は、何とも神秘的でした。
これを見ただけで、しんどかった気持ちが吹っ飛びました。

 

そして翌朝、ご来光を見るため頂上を目指します。
頂上のすぐ近くになると、登山道が岩道に変わりました。
今にも転げ落ちそうなくらい滑りやすかったので、ゆっくり慎重に登りました。
何とかご来光にも間に合い、フエゴ火山とご来光をいっぺんに望める、
特別なひとときを過ごせました。

 

かなり大変な登山でしたが、特別な景色が見れたので、本当に行って良かったです。
アンティグアへ滞在する人には是非訪れてほしい場所です。

 

 

 

関連ページ

やまどうぐレンタル屋は多数のメディアで掲載されました!
登山装備のやまどうぐレンタル屋は、新宿店や富士登山の河口湖店など4店舗。 やまどうぐレンタル屋では、都心の新宿店で試着やサイズ確認。 富士山の現地(河口湖、富士吉田)にも店舗があるので安心便利に利用できます。
正月はおせちをつまんで一年のやまのぼりの計画を
登山装備のやまどうぐレンタル屋は、新宿店や富士登山の河口湖店など4店舗。 やまどうぐレンタル屋では、都心の新宿店で試着やサイズ確認。 富士山の現地(河口湖、富士吉田)にも店舗があるので安心便利に利用できます。